行政を味方にする重要性

前回は行政の協力がなければ、大相撲の地方巡業を行うことはほぼ不可能だということを書きました。

では、行政の協力とはどのようなものでしょうか?

※今後、特に事情がない限り、開催地は「市」として書き進めていきます。

この答えは間違いなく1つです。「市長」さんの力です。「市議会は?」と、お考えになられる方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしの知り合いの勧進元さんの体験談や、わたし自身の体験に基づいて言うならば、議会に協力を求めることはほとんどありません。それほど市長さんの権限は強大です。

なぜなら、議会とはルールを作る機関ですよね?
つまりルールの範囲内である限り、市長さんには大きな権限と裁量が与えられていて、市長さんの意向一つで市役所内部が全て同じ方向を向いて動いていくわけです。

もっとも市長さんは多忙です。市長さんが好意的に協力してくれることになったとしても、実際に動くのは市役所の職員の方となります。そして市長さんへの窓口 or パイプ役として担当していただく方が決まります。

わたしが予定している巡業では、秘書課の課長さんに担当していただけることが決まり、それ以来、今日まで色々とお世話になってきており、そして開催日までずっとお世話になります。
市政に関して実務レベルでのトップの方と言っても過言ではない方ですので、とても心強いサポートをしていただくことが出来ています。

市長さんからご協力をしていただけるとお返事をいただいた直後には、会場となる体育館の責任者の方をはじめ、職員の方に電話で連絡を入れて、いつでも会場の見学が出来るよう手筈を整えて下さり、体育館の備品などの使用についても遠慮なく要望を伝えて下さいとおっしゃっていただきました。

また市内の各種団体や企業など紹介してほしいところがあれば連絡を入れますと、こちらからすれば涙が止まらなくなるようなお力添えまでしていただくことに。

世界中どこでも共通だと思いますが、新たな人間関係・交友関係を気付くにあたり、もっとも影響力が大きいのは、コネや紹介だと思います。

この課長さんからご紹介していただくことにより、わたしがぜひお会いして協力をお願いしてみたいと思う方々と容易にアポを取ることが可能になり、巡業開催にあたり必要な業界の方々との接点を持つに至りました。

もし課長さんからのご紹介がなければ、ありとあらゆるところで門前払いをされ続けたと思います。

このように市長さんや課長さんのバックアップがあれば、市内の方々全てを味方にしたと言ってもいいほど、行動できる範囲が広くなります。

次回は、もう少しこのコネの重要性について書いてみる予定です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村