気になる?巡業のスポンサーさんの話

地方巡業ではパンフレットや幟、特製座布団の裏など、さまざまなところにスポンサーさんの広告が入っています。

今回はなかなか表に出てこないスポンサーさんのことについて書いてみます。

本当にスポンサーさんは必要?

いきなり感がありますが(笑)、地方巡業を開催するにあたって、本当にスポンサーさんは必要なのでしょうか?

当然のことながら、勧進元は自分が開催する地方巡業で生じる経費の一切を支払う義務があります。そのかわり、入場チケット販売による収入、お弁当やお土産の販売収入、その他についてその地方巡業から得られる収入は全て勧進元の懐に入ります。

つまり、スポンサーさんがいない状態でも、この収支がマイナスにならないならば問題なく地方巡業を開催することができます。

そして会場のキャパ次第とは言えますが、おおよそ4000人以上収容できる会場で開催することが出来るなら、数字上では、マイナスになる恐れはほとんどありません。

では、スポンサーさんが一切いなくても地方巡業は成り立つかというと、そう簡単な話ではありません。

なぜならスポンサーさんの力なくしてチケットを販売することは困難なのです。

もちろん、新聞・テレビのCMやネット広告などでPRすることは当然可能です。それだけでもチケットを販売していくことは可能だと思います。

しかし、このような地方巡業で大きな力を発揮するのは口コミの力です。そして地方巡業のスポンサーとなっていただく企業やお店の方々が持つ人脈というのはとても強大で信頼されているものです。

このようなスポンサーさんのところにポスターを貼ってもらい、取引先にも紹介していただくことにより、多くのお客様の知るところになるわけです。

さらにスポンサーさんにはチケットをたくさん購入していただけますので、チケットの売上予測をするにあたってもとても心強いパートナーとなっていただけるのです。

つまり、地方巡業におけるスポンサーさんとは角界におけるタニマチと呼ばれる方々と同様に、地方巡業の開催を全面的に支援していただく方々ということになります。

そして、協賛金をいただくことにはなりますが、勧進元はその支援のお礼としてパンフレットなどにスポンサーさんの広告を掲載するのです。

協賛金はいくらなの?

これは勧進元さんとスポンサーさんとの間で決めることですので一概にいくらと言うことは出来ませんが、わたしが開催する地方巡業の協賛金下限額は25000円です。

メインスポンサーさんともなるとかなり高額になります。

ただ平均すると50000~100000円の範囲で協賛していただくことが多いと言えます。

ですから、個人の方でもスポンサーさんになることは可能です。

実際に、とある飲食店のチェーン店の店長さんが、本部からOKが出なかったけど、どうしても店として協賛して広告を出したいとのことで、店長さんのポケットマネーで協賛のお申し出をしていただいた例もあります。

スポンサーさんの実際

このようにスポンサーさんには物心両面で支援していただくことになりますが、多くのスポンサーさんに共通しているのは、「おらが街にお相撲さんがやってくる」という気持ちですね。

そして、「せっかくお相撲さんが来てくれるんだから、街として盛り上げていきたい」ということを良く言われます。

そのおかげで、準備に必要な人や物、そしてお金に至るまでありとあらゆる協力をしていただけるのです。

わたしが開催を予定している地方巡業でも、開催前日の会場設営では、多くの方がお見えになる予定です。

力士の方々をお迎えする土俵作りの風景をご覧いただいたり、座席番号のシール貼りなどボランティアスタッフとしてお力をお借りすることにもなりますが、みんなで作り上げていく、そういう姿勢のもとで多くのご厚意を賜っていくことになるのが地方巡業の実際です。

赤ちゃんを抱っこして土俵入りをしていただく関取を地方巡業ではよく見かけますが、スポンサーさんのご家族の赤ちゃんが多いのではないかと思いますし、わたしもそのような希望があれば、可能な限り掛け合ってみたいと考えています。


ブログランキングに参加しています!
応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村