巡業の実行委員会とは?

ほとんど全ての地方巡業ではその運営を支える団体として実行委員会が結成されています。

今回は実行委員会とはどのような流れで結成されて、どのようなことをしているのかについて書いてみます。

実行委員会のスタート

開催地を決めて、相撲協会に地方巡業開催の申込みをして受理されると、開催に向けて色々と準備作業を開始します。

この頃に勧進元となる人が実行委員会なるものを結成します。

イベント関係の会社や人材が豊富な会社でしたら、勧進元として開催する地方巡業のための実行委員会メンバーをすぐに手配できるのでしょうが、あいにくわたしの場合は、T親方の協力の下で妻と二人で設立した会社を母体として実行委員会を結成しました。

つまり、この時点での実行委員会のメンバーはわたしと妻だけという、本当に名ばかりの実行委員会です(笑)

最初から実行委員会を支えるメンバーがいるようなところが本当に羨ましい限りです。

それでも、まずは実行委員会を立ち上げることはほぼ必須だと言えます。開催日までの間に実行委員会のメンバーが増えることを祈りつつ、色々と準備を開始します。

実行委員会の持つパワー

実行委員会を結成するまでは、当然名刺交換をする時は自分の会社の名前が入った名刺を使うしかありません。

しかし、知名度の全くないわたしの会社では、そもそも名刺を出したところでなかなか好意的に受け入れられることはありません。

そこで本格的に活動をしていくために、まずは名刺からという感じで実行委員会名義の名刺を作ってみました。

そして実行委員会の名前や名刺を使って、ホテルやお弁当製造の業者さんにアポを取ろうと試みたところ、実行委員会の持つ名前のパワーを想像以上のものだったのです。

実行委員会の名刺を作ってからは全くと言っていいほど警戒されることもなく、誰もが本当に好意的に話を聞いてくれるようになりました。

とにかく自社の名刺と実行委員会の名刺では全く反応が違うのです。

「大相撲**場所実行委員会」

この名前にどれほど助けられたことかとつくづくありがたみを感じます。

実行委員会の育て方

好意的に受け入れられるようになると、実行委員会が発注元として取引をすることになる業者さんの数は次第に増えていきます。

知り合いをあたるだけじゃなく、業者さんから新たに色々と力を貸してもらえそうな業者さんを紹介してもらうことが増えていきます。するとやがてサポートメンバー的に動いてくれる方が少しずつ現れてくるのです。

実行委員会という名前のおかげで初めて会う業者さんの多くはその会社のお偉いさんということが多いのですが、特に社長さん直々にお会いしてくれることも決して少なくありません。

そして何度かお会いしていく中で、単に仕事の話というよりは開催に向けての心配事などの相談に乗ってくれることが増えていきます。

このような協力をしていただける社長さんというのは地元の商工会やロータリークラブなどに参加していて、本業以外の活動も精力的にされていますので、その人脈は本当にすごいものがあります。

その結果、実行委員会の協力をしてくれるメンバー的な存在の人が数人集まり始めるのです。

そうなると、どのタイミングで正式に実行委員会のメンバーになってもらうようお願いするかを考え始めるようになるのですが、わたしはそのような方々3人と打ち合わせをした際に、思い切ってメンバーとなることをお願いしてみました。

この時点で、取引相手というよりは仲間意識という感覚で接して下さるようになっていましたので、二つ返事でメンバーになってもらえると返事をいただけたのです。

そこで、次にメンバーの中でもリーダー的な方に副委員長になってもらえないかお願いしてみました。もちろん最初は遠慮されてしまったのですが、どうしてもと改めて強くお願いすると、笑顔で引き受けていただきました。

この時こそ、実行委員会が実行委員会らしくなった瞬間だと思います。

実行委員会の会合

そしてこのメンバーの方々が中心となって、メンバーとして参加は出来なくても色々と協力してくれそうな方々を集めて懇親会を開催することになったのです。

この段階ではまだメインスポンサーのアテがなかったのですが、メンバーの1人がこのようなイベントにとても協力的な大会社の社長さんを懇親会に呼んでメインスポンサーとなってもらえないか相談してみるとまで言っていただきました。

本当に涙が止まりません。

他にも副委員長には懇親会の会場の手配をしていただいたり、地元の有力者への声掛けなど様々なことをしていただき、名ばかり状態だった実行委員会が名実共に実行委員会らしくなっていったのです。

みなさんそれぞれが会社やお店を経営されていて多忙をきわめる中、「我らが地元に相撲が来てくれるのに、盛り上がりに欠けるようなことがあってはいけない」と声を揃えて下さるのです。

他にも広告として売れそうな企画を提案していただいたり、当日の飲食やお土産販売のことなど様々なことを提案していただきました。

実行委員会の現在

前述した懇親会は来週末に開催される予定になっています。

そして間もなく相撲協会と巡業の正式契約を結ぶことになるのですが、その際の記者発表の準備など、今までと比べてもかなり具体的な行動が増えてきました。

正式契約後には、迫るチケット販売に備えてポスターを張り出したり、チケット販売の日時や会場の手配などやることは数多くあります。

実行委員会のメンバーはそれぞれが社長さんであったり店長さんであったりと、本当にリーダーシップのある方ばかりです。

仕事柄、自分で考えて自分で判断して自分で決断するというサイクルの日々を過ごしておられることもあり、わたしが気付かないことを指摘していただいたり提案をしていただいたりと助けられてばかりいる毎日です。

あとわずかで正式契約をして記者発表できるようになります。その日が今から待ち遠しいです。

ブログランキングに参加しています!
応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村